シアリスと硝酸剤

シアリスはバイアグラとレビトラに続く第三のED治療薬であり、その効果の持続時間の長さが市場で高く評価されるようになっています。
ただシアリスは誰でも使えるというわけではなく、バイアグラやレビトラと同様に硝酸剤が併用禁忌に指定されています。
硝酸剤は狭心症などの心臓病を治療するためによく用いられる薬であり、有名なところでは狭心症発作を押さえるためのニトログリセリンなどがあります。
ニトログリセリンもシアリスも単体では非常に価値のある医薬品ではあるのですが、しかしこれら二つの医薬品には同様の「血圧低下作用」が存在しているのです。
同じ効果を持っている薬を同時に利用するということになってしまうと、その薬の相乗効果によって致命的な水準まで血圧が低下してしまうこともあり得ます。
そのため現在の医療の現場では硝酸剤を使用している人や心血管系障害により医師から性行為を控えるように指示されている人、性行為中に狭心症発作を起こしたことがある人に対してシアリスが処方されることは無いとされています。
万が一シアリスを服用している間に狭心症発作に襲われるようになったというような場合には、即刻シアリスの服用を中止して病院を受診し、その際にシアリスを最後に服用したのはいつかと言うことを伝えるように心がけてください。
またシアリスはインターネットの通販でも購入できるようになっていますが、こうした併用禁忌のリスクがあることから入手の方法としていきなり個人輸入を選択することはあまりお勧めできません。
より安く薬を入手したいという場合であっても、薬は使い方を間違えれば人の命を奪うことすらあり得る存在です。
そのためこうした薬を服用する際にはまず医師の診察を受け、服用しても良いかどうかを確認するようにしてください。

↓大人気の勃起不全のお薬
シアリスは世界で一番売れている
↓経済的なジェネリック医薬品の紹介
タダリス
↓通販は治療薬を誰にもバレずに購入出来ます
医薬品が通販で買えるようになりました
↓バリフは食事やアルコールの影響を受けにくいです
バリフ